財産管理契約

財産管理契約とは、自分の財産の管理や、その他の事務処理について代理権を
与える契約です。

成年後見制度は本人の判断能力が不十分にならなければスタートしません。
判断能力がしっかりしていても、病気で寝たきりになったり、後遺症で体が不自由になったりして外出するのが難しく、自分で銀行に行ってお金を
おろしたりすることが困難になることも多く見られ、その場合に代理人として事務処理を行います。

財産管理契約は民法上の委任契約で、成年後見制度のような家庭裁判所による公的な保護制度がありません。
自分の大切な財産が悪用されたり、横領されるおそれもありますので、慎重に受任者を選ぶ必要があります。
この契約は、当事者はいつでも解除することができます。

 

■財産管理契約の内容(一例)

  1. 預貯金の出し入れや、公共料金等の支払い等日常生活に必要な資金の出しいれ
  2. 高齢者や社会的弱者を狙った詐欺から守ってもらうための相談
  3. 不動産の賃料の支払いや受領

成年後見制度活用のポイント

(1)任意後見人の選任は慎重に。本当に信頼できる人に依頼する

(2)家庭裁判所が任意後見監督人を選任してから後見が開始される

(3)判断能力がない場合は任意後見ではなく、法定後見制度を活用する

相続発生後に至急やるべきこと

今から備える生前対策