特別受益分

相続人の中に被相続人の生前に贈与を受けていた者がいれば
特別受益」として相続分を前渡ししたとして相続分を計算します。

 

「姉が結婚の時に父から1000万円もらった」といった場合、
相続が発生したときに、この贈与を考慮せずに相続分を決めれば、
姉(生前に財産をもらった相続人)は、生前に財産をもらっていない相続人よりも多くの財産をもらうこととなり、不公平になります。

 

そこで特別受益の額だけ相続分を減らし、公平性を保とうとする制度です。

 

主なご相談メニュー

  • 遺産相続の流れ
  • 相続財産の名義変更
  • 生前贈与
  • 相続税の申告
  • 遺言書作成
  • 生前対策と成年後見

お問い合わせ・無料相談会のご予約はこちら!

神戸相続サポートセンタースタッフ 神戸相続サポートセンタービル


相続の気になる内容はこちら!

相続の流れ ●遺産をわける ●名義を変更する ●相続税の申告
遺言書


トップへ戻る(目次へ戻る)

名義変更等手続き相続税申告も任せて安心納得
神戸相続サポートセンターへ
事務所案内 ●相続相談会 ●サポート料金 ●相続Q&A ●アクセス
当サイト を お気に入りに追加する